Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Sponsored links
ハローパソコン教室
ハローパソコン教室 公式サイト
ハローでつながるみんなのブログ
ハロー!でつながるみんなのブログ
Recommend
New Entries
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
コウホネの花
 7月の上旬に稚内に行く途中、コウホネ沼で写しました。



野生の花、「コウホネ」がたくさん咲いていました。

「コウホネの家」と」いうのがあってドライブする人のちょっとした休憩所になっています。

休憩には何度か寄りまいたが、 こんなに「コウハネ」が咲いている時期に寄ったのは

初めてかもしれなせん。

海岸の近くにコウホネの沼があるので、年々海岸が波に洗われって沼に近づいている

そうです。それで、大きな岩を運んできて、海岸にに並べってありました。

新聞にも、10年計画で、海岸に岩を並べて、100メートルくらい防波堤のようにすると

出ていました。

貴重なものなのですね。

稚内の近くにサロベツ原野があって、湿地帯なので、めずらしい花が多いのですが、

だんだん、湿原が乾燥してきていて、問題になっているそうです。

貴重な植物も保護しなければ、減っていくばかりですものね。

コウホネ沼のコウホネがいい例とおもいました。

もえこ





posted by: もえこ | - | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) |-
昨日が夏至でした。
 昨日が夏至でした。これから日が短くなるのですね。

待ち望んでいた春が来たかと思ったら、もう夏至、1年がはやいわけですね。

先日、幼稚園児たちが「おせんべい」を買いにきてくれました。

前回の柏餅を買いに来た時より、成長した感じをうけました。

おせんべいは「1個」ではなく「1枚ください」と教えられてきたようで、みんな上手に言えましたよ。



園庭に咲いていた「お花」をプレゼント

してくださいました。

女の子がたんぽぽと紫つめ草を1本づつ、手に持って渡してくれました。

園から、店に来る途中に摘んだのでしょうか?

やさしい気持ち、おばさんとてもうれしかったよ。

幼稚園の子からしたら、歩いて店まで
来るのも「冒険」、ひとりひとり、声をだして、「注文」を言うのも勇気のいる事でしょうね。

そして、小さな手に比べたら、「おせんべい」もずいぶん大きくみえるのでしょうね。







そういえば、以前お店に来た20歳くらいの男性から「おだんご。前からこの大きさでしたか?」と尋ね

られった事がありました。小さい時に「親に連れられた来た時には、「だんご」がすごく大きく感じた

と言って笑っていました。

幼稚園児たちを見て、その時の事を思い出しました。

きっと、大人とは違う見え方をしているのでしょうね。

もえこ


posted by: もえこ | - | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) |-
いちごとあんこは絶妙な取り合わせ!
 札幌も例年より2週間近くも遅く、やっと桜が咲きました。
今年は気温の低い日が続き、春らしい日がほんとに少ない中、ようやっと咲いた感じです。



幼稚園児の作ってくれた「鯉のぼり」です。



先日、近くの幼稚園の年長さんが、「柏もち」を買いに来てくれました。

毎年の事ですが、今年は、園児が手作りした「鯉のぼり」をプレゼントしてくれました。

嬉しくって嬉しくって、店に飾ってあります。



いちご大福を販売して1カ月が経ちましたが、うれしい事に、とても好評で、女子高生に「絶妙・・!」と

言っていただきました。考えるに、「いちごとあんこ」の取り合わせが絶妙に美味しいのですね。

このの取り合わせを初めに見つけった人って、すごい!

意外な食べ物の取り合わせが絶妙になる例は、古くからありますが、私が驚いたのは、「メロンに生

ハム」が合うと聞いた時,実際にレストランで食べた時、なるほど・・!と思いました。

あと、「じゃがいもにバター」はわかる気がしますが、「じゃがいもに塩辛」がいけるとも言う人もいまし

たね。

いまは定番になっていますが、「たらことスパゲティー」も絶妙な取り合わせですね。日本的な食材

がイタリアンになるなんて・・。「たらこスパゲティー」は、たぶん日本国内だけのものでしょうね。

意外な食材のくみあわせが、食べった時に、「絶妙」な味わいになるのを発見するのは、食の楽しみ

ですね。これからも、どんな意外な取り合わせが流行るのでしょうか?

もえこ




posted by: もえこ | - | 18:23 | comments(0) | trackbacks(0) |-
いちご大福を販売しました。
札幌も やっと春らしい気候になりましたね。

4月から「いちご大福」の販売をはじめました。




ケーキでいちごショートが一番人気というのは,誰もが認めるところですが、このごろでは、和菓子

でも、いちご大福がかなり人気のようです。

みなさん「いちご」と聞くと幸せな気持ちになるのでしょうか?

 萌えぎ屋でも「いちご大福」の限定販売を始めましたが、他の和菓子と少し違った反応がみ

られます。

小さな男の子が入ってくるなり、いちご大福のパックを抱え、絶対買ってもらう・・と放さなかったり、

店頭のポスターを見て若いお兄さんが、1個買いに来たり・・・。

いちご大福は、魅力のある和菓子なんだな、とあらためて感じました。

生のいちごは6月頃まででしょうか。それまでおいしい いちご大福を作ってみなさんに喜んでいただ

きたいとおもいます。

もえこ
posted by: もえこ | - | 10:54 | comments(0) | trackbacks(0) |-
太陽の光で動く雪だるま達
 太陽の光で動く雪だるまです
お尻ふりふりしてかわいいので、、お客様に人気です。
同じように見えて、よく観察してみると、それぞれ動きに個性があっておもしろいです。
せわしなく動くものや、時々休んでまた動きだすもの、動きがゆっくりなもの・・。



今年の北海道はいつもの年にまして冬が長く、積雪量も、まだ1メートル以上あるそうです。

枝道に入ると、道の両側にひとの丈より高く雪の山が続いて、いつになったら、この山が

無くなるのだろうと溜息が出るほどです。

そんな3月の半ばですが、昨日かわいいお客様たちが40人近くご来店。

近くの幼稚園の年長さんが、そろって、おせんべいを買いに来ました。

みんなかわいい、かわいい幼稚園児ですけど、雪だるまではないですけど、少しづつ個性

が違って、ひとりひとりとやり取りをして、買い物をしてもらうのも楽しいです。

4月になったら、みんなランドセルを背負って1年生。

みんな、春が待ち遠しいね。

もえこ

posted by: もえこ | - | 15:12 | comments(0) | trackbacks(0) |-
2月10日は旧暦の1月1日です。
 今日は2月10日で旧暦の1月1日です。そういう訳でおめでたい紅白の蛇の写真です。



日本では、旧暦はあまり関係ないですが,アジアの国では旧暦の新年を盛大に祝うところが多いそう

です。

とくに中国は旧暦の元旦を春節といって、休みも続くようです。今年は札幌の雪まつりと時期が重な

って、観光業者は期待したようですけど、どうでしょうか?

旧暦は太陰太陽暦といって月と太陽の両方の動きを取り入れた暦だそうです。

ちなみに、去年は閏月があって1年が13か月あったそうです。3月が2回あったんですね。

以前読んだ宮沢賢治の本のなかにうるの5月〜」と書いてあったので、「うるの5月て何?」と思って

いました。

最近になって、旧暦にはうるう月というのがある事を知って、あれは閏月の事と納得しました。

旧暦で、お菓子屋で関係のあるのは「15夜のお月見」が旧暦の8月15日というものですね。

旧暦では15日が満月ですので、旧暦は月の満ち欠けが分かりやすいですね。

わたしもあまり知りませんでしたが、農家の方や漁業の方には、まだまだ旧暦を仕事に活用している

そうです。

大潮や潮の満ち引きひとつ取っても、月の影響ですしね。人間の身体にも月の周期が影響すると聞

いた事もありますし、今年は旧暦のカレンダーにも注目してみようかなと思います。

太陽だけでなく、月もこの地球のに大きな影響を与えてるという事を改めて考えた、旧暦の新年です



もえこ


posted by: もえこ | - | 14:26 | comments(0) | trackbacks(0) |-
平成25年,巳年も 萌えぎ屋をよろしくお願いいたします。
 「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします


平成25年が幕をあけて、早7日、日常の生活が戻ってきた月曜日です。

今年は巳年という事で「巳」の写真です。

「巳」は、12支の中で唯一,財運や繁栄の象徴とされる縁起の良い動物だそうです。

特に縁起の良い白い「巳」に「振れば、金が出る」打ち出の小槌、の組み合わせ、ありがたい気持ちに

なりますね。

昨年は不景気の空気に覆われていた世の中ですが、年が明けて、そんな空気も少し薄れてきてたよ

うに感じますが、どうでしょう。

みんなが明るい気持ちになれる世の中になってと願うばかりです。

せめて自分は「のほほ〜んと、そしてほがらかに」日々を過ごしていきたいと思っています。

今年もよろしくお願いいたします。

もえこ







posted by: もえこ | - | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) |-
初冬の小樽に行ってきました。
 はじめて冬の小樽に行ってきました。

本州からお友達のご夫婦がいらしたので、小樽の街を案内しました。

何年ぶりに訪ねると、新しいものが出来ていたり、行くたびに楽しめる街です。

行った日はお天気に恵まれて,初冬のピリッとした空気でしたが、お日様が出ていました。

意外だったのは、観光客が結構、歩いていたことですね。

外国の言葉も飛び交っていましたので、雪を見に来たアジアの方が多いのかも・・。

春や夏の小樽は何度も来ていますが、冬の小樽は初めてですが、雪の運河地帯も風情があ

って、絵になる景色でした。

今回は男性がいるので、初めて「小樽ビールの運河倉庫癸院廚貌ってみました。



ご主人が12月限定の出来たってのビールを注文、アルコール度数が8%以上のビール、

かなり濃い味なのでしょうね。残念ながら、私と友達は飲めないので、コーヒーでがまん。

手作りのソーセージがあったので、注文。それと、「スペインの生ハム」、テーブルの所で薄切

りにしてくれました。


テレビで外国の旅番組がある時、目にして1度食べってみたい思っていましたので。

写真には写っていませんが、豚の足先までついて、実際に見るとリアルなものでした。

見るより、切るのは大変そうでした。お味はふつうの生ハムより水分が少なくて、燻製のよう

でしたね。

「小樽ビール」は、大正時代に出来た石作りの倉庫を使っているだけに、重厚で、天井の梁な

どに古さを感じ、とても落ちつけるお店でした。

小樽と言えば北一ガラス。お友達ご夫婦もガラス製品の多さに驚いていましたが、いつ見て

もまばゆいばかりに輝いて、見とれるばかりです。

今回は調べる時間が無かったので、甘いものは「あまとう」お寿司は「政寿司」に行きましたが

たくさん美味しいお店のある小樽、新しいお店にもチャレンジしたいと思いました。

行く度に新しいお店や、場所が出来ているものですから・・。

また、だれか知り合いがやってきたら、やはり小樽を案内する事にしましょう。

一緒に行った人と場所があいまって、鮮やかにお思い出せるのも、小樽の街が個性的で、そ

れぞれのお店がいい雰囲気を持っているからかもしれませんね。
もえこ
posted by: もえこ | - | 11:59 | comments(0) | trackbacks(0) |-
晩秋の海岸を通って稚内へ行ってきました。
 先日、所用があって1泊2日で稚内へ行ってきました。行く道々の木々はもう晩秋の色でした。

車で6~7時間かかり、300キロ以上の長い距離ですが、海岸を通って行くと、道中、楽しめる風景や

名所があるので、退屈する事なく行く事ができます。

札幌を朝6時過ぎに出発すると、ちょうど朝陽が登って、雲に光が反射してきれいな彩雲をみることが

できました。石狩から浜益村へと車を走らせると、海が見えてきます。トンネルが多いのですが、漁港

や漁村の名前を確かめながら、進んで行き、増毛。増毛は留萌線の終着駅でもあり、駅前には歴史

のある古い建物があり、最北の酒蔵があり、趣のある町並が残っています。

小平町には国の重要」文化財の花田番屋があり、鰊漁でにぎわった昔の面影を残しています。

この道路はオロロンラインといって、海岸線を走る絶好のドライブコースで人気というのも納得です。

今回は見えなかったのですが、天塩を過ぎて見えてくる利尻富士も晴れてる時には形が見る場所で

違って見えるのも楽しいです。

今回は途中から、雨模様でしたが、雨上がりに今まで見た事のないような鮮やかな虹がかかり驚き

ました。写真がとれなかったので、ネットで近い写真をお借りしました。まさにこんな感じ!



実際は、海から陸にかかっていたので、車が虹に向かって走っていくようでした。

帰りは夜なので、風景などを楽しむのは行く時だけの特典です。

もえこ
posted by: もえこ | - | 14:10 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ハロウィンの飾りをプレゼントしてもらしました。
 9月の残暑がうそのように10月はいつもの10月になり当たりまえのように木々も紅葉してきました。

先日、思いがけないプレゼントをいただきました。

とてもうれしかったので紹介させてくださいね。

まず、写真をみてください。



ハロウィンの飾りです。

小さな男の子が一人で店に入ってきて来て、ハロウィンの飾りをさしだします。

急に差し出されて、びっくり!プレゼントしてくれると・・。

あぁー、昨日の男の子だ、と気がつきました。

その前の日、お店にあった「手作りの飾り」が、気にいっていたようなので、気軽に、「あげるよ」と

いうと喜んで、持って行った、その時の子です。

はにかみながら、差し出すばかり・・。年を聞くと小学2年生だそうです。「おかぁさんといっしょに作っ

たの」と・・。それだけ言うと、恥ずかしそうに、大急ぎで帰って行きました。

いいお母さんと子・・。ほのぼのとした、うれしい出来事でした。

もえこ

posted by: もえこ | - | 11:21 | comments(0) | trackbacks(0) |-